イソップはパッケージ材の持続可能性の向上についてをどのように取り組んでいますか?

イソップでは、当社製品のパッケージが今もなお環境に負担を与えているという意識から、パッケージの持続可能性を改善するために、特に次のような取り組みをしております:
•PETパッケージのプラスチック使用量を40%削減して重量を軽量化。
•2017年にオンライン配送用の外箱とギフト用の箱を100%リサイクル材を利用した、100%再生可能なデザインに変更。
•イソップが製造するペットボトルの80%以上を、99.7%使用済みリサイクルPETに移行。 
•2018年後半に、香港で初のパッケージ回収制度を開始。このトライアルは香港で始まっており、今後も環境面でプラスのメリットが見込める他の市場において、同様の制度を導入していくことを検討。

イソップは、パッケージの持続可能性を奨励しているオーストラリアパッケージコヴェナントに署名しています。

この記事は役に立ちましたか?