イソップの日焼け止め製品 は、サンゴの白化現象に関連した化学的な紫外線防御剤(UVフィルター)や防腐剤が含まれていますか?

イソップのプロテクティブ ボディローション SPF50、プロテクティブ フェイシャル ローションSPF25、およびプロテクティブ リップバーム SPF30に使用されているUVフィルターは、それぞれ十分に立証された安全使用実績があり、これらの製品には以下のサンゴの白化現象に一般的に関連した化学的なUVフィルターや防腐剤は含まれていません。(パラアミノ安息香酸(PABA)、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、オキシベンゾン、メチルベンジリデンカンファおよびブチルパラベン。)

イソップによる厳密な研究に加えて、イソップ製品に使用されているそれぞれのUVフィルターは、オーストラリアやヨーロッパの規制機関などによる安全性と毒物学的のレビュー対象となっており、SPF保護製品の成分として安全に使用できることが確証されています。

また、イソップのサンケア製品は、経済協力開発機構(OECD)のガイドラインに準拠しており、容易に生物分解が可能です。さらに、プロテクティブ ボディローション SPF50も耐水性を示すことが実証されているため、製品および成分が肌から水に移行する傾向は大幅に減少しているといえます。

プロテクティブ ボディローション SPF50とプロテクティブ フェイシャル ローションSPF25には、限られた生物分解性を持つ2つのUVフィルター(オクトクリレンとt-ブチルメトキシジベンゾイルメタン)が含まれています。分解性は限られていますが、これらの非常に効果的な日焼け止め成分が、水生生物または水系に何らかの悪影響を及ぼすことを示唆する証拠はありません。

このため、日焼けの予防措置としては、保護された水源で泳ぐ、サーフィンをする、シュノーケリングをする、またはダイビングをすることを計画している場合は、物理的ブロック(ラッシュガード、ウェットまたはドライスーツ)のような代替保護手段の使用をおすすめします。どうしても日焼け止めを使用したい場合は、UVBとUVA光線の両方から保護するように作られた、酸化亜鉛を配合したミネラルベースのハイドレーティングクリーム、フェイシャル ハイドレーティングクリーム SZ – SPF15をおすすめします。

この記事は役に立ちましたか?