イソップはカーボンオフセットしていますか? カーボンニュートラルな企業ですか?

イソップでは、2030年までに私たちのバリューチェーン全体で二酸化炭素排出量実質ゼロの達成を目指しており、現在、グローバル全体の事業運営において二酸化炭素排出量を削減することに最も力を注いでいます。

 

私たちは、認証プロジェクトを通じてグローバル全体の事業運営で残存排出量を自主的にオフセットし、地域社会に社会的・環境的・経済的に利益をもたらせるよう努めています。イソップの価値観に合う二酸化炭素排出オフセットプロジェクトに参加しています。詳細は、イソップの「サステナビリティレポート」をご覧ください。


2018年以降、オーストラリア国内における運営は、オーストラリア政府主導の企業向けクライメート・アクティブ・カーボンニュートラル基準(CACNSO)によりカーボンニュートラル認証を受けています。詳細は、イソップの「クライメート・アクティブ情報公開まとめ」をご覧ください。


イソップのグローバル全体におけるバリューチェーンの二酸化炭素排出量は、South Poleグループのクライメート・ニュートラル認証に基づいて測定・オフセットされています。これらの認証に加え、2021年より、イソップのカーボンオフセットプログラムは、原材料の段階から製品が寿命を終えるまでをの二酸化炭素排出の管理も対象に加えました。

この記事は役に立ちましたか?